主な活動内容

1 中学生・高校生・大学生の教材を点訳化、テキストファイル化し提供する。
  依頼のあった教材を点訳したり、文をテキストファイルにして提供します。テキ
スト文があれば、ソフトを使ってパソコンで読み上げさせることもできます。
  ※ テキストファイルとは
   文字データだけで構成されたファイルのこと。
  どんな機種のコンピュータでも共通して利用できる数少ないファイル形式の
一つ。ワープロソフトなどで文書を作成した場合、テキストファイルに変換すれ
ば、他のパソコン機種やソフトウェアでもそのデータを利用することができる。
  ただし、テキストファイルは純粋に文字データのみで構成され、修飾情報や
埋め込まれた画像など文字以外のデータは表現することができない。
2 点字の小冊子「ひまわり通信」発行
  視力障がい者向けの点字小冊子を毎月1回作成し、提供しています。内容
は時節に応じたニュース記事、読み物、料理のレシピ等です。
  この活動は20年ほど続けていて、利用者から大変喜ばれています。
     ※ 写真
3 点字の墨訳(書籍出版の支援)
   点字文(点字で表された文章)を通常の文(墨字)に変換します。
   (点訳の逆の作業)  
  ※ 墨字  通常に使う文字のこと。点字の対義語
4 豊明市内の小中学校福祉実践教室への協力
     福祉実践教室の目的は、児童生徒が高齢者や障がいのある人など様々な
人々との関わり方を深め、体験的に学習する事で、道徳性を養い、自らの生
き方に生かすことができるよう、各小中学校毎に行っています。
  内容は車椅子体験、点字体験、手話、アイマスク体験、障がい者の講話等
です。私たち点晴会は点字体験を担当します。 

平成25年度 11校で実施  会員延べ31人参加
平成26年度 10校で実施  会員延べ33人参加
平成27年度 10校で実施  会員延べ28人参加
平成28年度  8校で実施  会員延べ20人参加
平成29年度  8校で実施  会員延べ18人参加
5 定例会
 毎月2回の定例会(第1・3金曜日、10時〜15時) では依頼原稿の作成や
    活動内容の確認、調整が行われます。

《定例会の様子》

  ※ 過年度活動実績 平成24年度〜平成28年度    

平成29年度活動実績

 1 点訳関係
4月〜8月
高校日本史問題集 (日本点字図書館) 
4月〜7月
学校では教えてくれなかった算数 (鶴舞図書館)
6月〜10月
「90歳何がめでたい」 佐藤愛子 著    
6月〜12月
福祉実践教室への協力
7月〜10月
高校物理サブテキスト (日本点字図書館) 
9月〜2月
小学1年生活科教科書上下 写真
探検ブック
2月〜
「君たちはどう生きるか」 吉野源三郎 著
休講中
触読講座
毎月1回
[ひまわり通信」発行 No.253〜No.263号 
 2 勉強会、交流会
  5月19日
実践教室協力校教諭の体験学習 2名参加
 6月17日
教点連総会参加(東京) 4名参加
  7月 9日
NBN総会参加(名古屋) 3名参加
 11月 5日
豊明祭ボランティアフェスティバル参加 全員
 11月18日
教点連セミナー参加(大阪) 3名参加 
 2月16日
親睦会 12名参加
 3月16日
実践教室協力校との意見交換会 1名参加
 3 その他
30年度上半期定例会予定
   4月(6.20) 5月(11.18) 6月(1.15) 7月(6.20)  8月(夏休み)  
  9月(7.21)
 ※ 第1金曜日は10:00〜15:00 第3金曜日は10:00〜12:00







平成29年豊明祭
ボラフェスタ2017
  点字体験の様子 

点字に挑戦したよ!(豊明市にて開催2017.11.5

点晴会ブース

点字体験の様子








平成26年度愛知県
ボランティア活動功労者表彰を受け、
点晴会の活動が豊明市広報で紹介さ
れました(平成27年3月号)