点訳とは

点訳とは通常の文章を展示で構成する文に変換することを指します。








  1 点字について





  点字は視覚障がい者が、文字を読んだり、書いたりするために使う文
字です。点字に対して、普通の文字を墨字(すみじ)と呼んでいます。
  点字は左図のように、縦3点、横2点の6つの点の組み合わせからなる
表音文字です。
  6つの点の組み合わせは63通りあります。それぞれが50音や数字、ア
ルファベット、記号を表します。 下図はあ行を表し、アは@点のみ、イは@
A点が刻印され、障がい者はこの凸点に指で触れ文字を判読します。



     ※ 点字 50音表

   ※ 点字の例
     てんせいかい → torioto

点字の6点
(凸面側)
 



2 点字の誕生
 現在使われている6点法による点字を考案したのはフランス人のルイ・
ブライユという人です。ブライユは、アクセント・句読点・略字、数字や音符
の書き方を合わせ、1825年に6点点字を完成させました。
  ブライユの点字を日本語用に考案したのが石川倉次です。石川倉次は
安政6年,遠州(今の静岡県)で生まれました。彼ははじめ8点点字を考案
しましたが、その後明治23年に日本語の6点点字を完成させました。これ
がこの年の11月1日に正式に国に採用され、これを記念して11月1日は
日本の点字記念日となっています。
3 点字を打ち出す道具
@ 点字盤  
      点字盤に紙をセットし、上から1点1点刻印します。紙の裏側に向
     き穴があき凸面ができるので、実際には紙を裏向きにして点字を
     読みます。
tenjiban
A 点字タイプライター
   《パーキンスプレイラー型》  

      通常のタイプライターのように使います。刻印はやはり紙の上か
     らなので、点字文字は裏打ちとなりますが大変便利な道具です。
   《ライトプレイラー型》 
      従前はこれが一般的なタイプライターでした。
raitopureira
B パソコンを使った印字  
      近年、パソコンを利用した点字作成が主流 となり、点字文作成
     に費やす時間が大幅に短縮されました。パソコンソフトを使ってキ
     ーボード上に6点を割り振り、1字1字入力します。入力された点字
     は画面上で自動的に点字文となって記録されます。
      出力には点字プリンターを使います。
TEREBI2
     
    《パソコンキーボード》 
          8kiboodo8
 
  ※ 現在使用している点字入力ソフト
         WINBES(ウインベス)、Tエディター、エーデル
               
 《点字プリンター》 
   点字ソフトを使って入力された文は、点字プリンターで刻印され
  出力されます。点字プリンターは高価なものが多いので、個人で
  の購入は難しく、本会が所有するプリンターは企業から寄贈を受
  けた物です。この点字プリンターは点字文だけでなく、図版等も
  打ち出す事ができる優れものです。
  printa2
     図版の出力例